FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
逗子!
逗子海岸

なんでしょうか。このモデル気取り風のポーズ。たまたまだけど。

スポンサーサイト
page top
祇園精舎
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす

おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし

たけき者もつひには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ

遠く異朝をとぶらへば 秦の趙高 漢の王奔 梁の朱 唐の禄山

これらは皆 旧主先皇の政にも従はず 楽しみをきはめ

諫めをも思ひ入れず 天下の乱れんことを悟らずして

民間の憂ふるところを知らざりしかば

久しからずして 亡じにし者どもなり 近く本朝をうかがふに

承平の将門 天慶の純友 康和の義親 平治の信頼

おごれる心もたけきことも 皆とりどりにこそありしかども

ま近くは 六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま

伝へ承るこそこころも詞も及ばれね

page top
BoulDerinG
bouldering
http://flic.kr/p/8WTQtx

りんたろうがはまっている。ボルダリング。

傍から見ている分には子供向けだし簡単そうなんだけど

どうやら登っている本人は相当難しいらしい。

壁につかまっているわけだから

たぶん自分の足元を見るのも大変みたい。

いつまで続くかな~(w


page top
2010.11.25 東京タワー
東京タワー

東京タワー


page top
photo
Rin

Rin

pocket digital camera sq28m

ファインダーのないトイカメラ。

家に帰ってPCにつながなければ撮った写真が

どう写っているのかわからない。


シャッタースピードが遅いからよくぶれる。

写り込む範囲も未だあまりよくわかない。

描写モードもよく間違える。

だから撮る枚数も増える。


当たり前のようにその場で撮った写真を確認し

気に食わなければ撮りなおす事に随分慣れてしまったから

トイカメラは時に不便で面倒。


でも思わぬ色や表情が写され

想像していなかった画が現れた時の楽しさは

画質うんぬん構図うんぬんとはまた別のお話。


page top
Aoyama
Aoyama

夜の青山。

猫も散歩。


page top
September 20 , 2010
東京タワー

Rin

遠出する予定もなく今日は東京タワーへ。

休日だから展望台へのエレベーターは40分待ち。

もちろん展望台は行かない。

下のほうで遊ぶのが琳太郎の目的だからっ。


東京借景
http://www.tokyo-shakkei.jp/index.html


page top
Rin-chang
ring

ring

写真撮られるの嫌がるんだよ。

変なとこばっかり私に似るんだからっ。


page top
by halpon
me by halpon

halponが撮った写真。

ぶれてる位がちょうどいい。

page top
夏休み
夏休み終了間際の8月29・30日。

親子で葉山の1泊旅行。

今回は葉山のグルメも楽しみ海も楽しみ

たった1泊でも充実した時間を過ごせた感じ。

MORNING LOVE LETTER FROM THE OCEAN

一色海岸

song be cafe




<RICOH GR DIGITAL トラックバック企画"フリー">
page top
tabac


更なる値上がりに母はタバコやめる宣言をした。

私はさてどうしようか。

やめたい願望はあるものの...

page top
Yamanashi Ikitai
今年の夏は旅行どころか海も行ける気配がない

琳太郎のハードスケジュールのため

でも海行きたい.....

強行突破で葉山か山梨に行けたらいいな

我場貯でお買い物したいぃぃぃ

バーバラとまったりしたいぃぃぃ

海


page top
my sweet
my sweet

人生初。3泊4日の合宿を終えた琳太郎。

「さみしくなかった?」の問いに

「家の事なんて全然思い出さなかった~」と強がりであってほしいコメント。

それでも「ママ抱っこ」で甘える事もしばしば。

なんのこっちゃわからない写真は琳太郎が抱きついてきた図。

でもでもチューはひたすら嫌がられる。


page top
銀座 若松
ginza wakamatsu

私は抹茶クリームあんみつ。

琳太郎は白玉あんみつ。

あんみつ姫。

粟善哉は冬期のみ。


page top
SQ28m
yura&rin

yura&rin

無ファインダーの為何を撮ってるかわからないカメラ。

こんなのが撮れていた。

たぶん当時の希望とはだいぶ違う構図なわけで。


© The Fields on Sunday. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
携帯アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。